コロナになんか負けないよ!おもしろセンテンスで笑い飛ばそう!!!

コロナ騒動でおウチに缶詰

新型コロナウィルスのおかげで、すっかり暇になってしまった週末

前々からやってみたかったアクティビティーに挑戦!

Let’s make funny sentences!!!

手順は以下のようです。

①動詞(他動詞)は私が意図的に選択 

(絵カードを使用) 

子どもたちが知っているもの、文章が作りやすそうなもの

②子どもたちは主語ピンク)と目的語(水色)を自由に書く

③英語も添える

④主語+動詞+目的語 を組み合わせ文章を作る

はじめは、お付き合いで始めたSOTA(小3)もだんだんのってきました。

カードを3枚ずつ配って書いていたら

『もっと書きたい、もっと紙ちょうだい!!』

書くことが好きでないSOTA、

はじめはやる気のない平仮名でささっと書いていたカードも、

『あっ、これ漢字でかけたわ』      

気持ちがのってくると、英語だけでなく、国語まで刺激される。

これこそ、学びの相乗効果!!

 

『何て英語でいうのか調べるから、携帯かして』     

自然に英語に対する意欲が上がり、

やる気スイッチON!!

 

英語で言えたものは、

Phonicsの知識で自分で書いてみる。

stich・ant   etc…

自分で書けるって嬉しいね。

 

はじめは日本語で文を作り、

私の声かけで英語にかえていたが、

数回後には自然に自分たちで

英語の語順にはじめから並べるようになった。

 

主語・動詞・目的語

日本語とは反対の語順を理屈で覚えるのではなく、

感覚として、

感じて欲しい。

『これ楽しい!!もっとカード増やしてやろう!!』

This is our ”マイホームスタイル”!!

動詞の選択:カードを描くこと自体にあまり時間をかけたくなかったので、

また、きちんとした文になるように

【他動詞】で子どもたちに親しみがある言葉を今回は私が選んだ。

また、ナンセンスな文になりすぎる

とおもしろさがなくなってくるので、

ひいた主語と目的語に合わせて

自分の手持ちの動詞を選ぶルールにかえ、

『おもしろい文を作る』ミッションにする。

三単現の”S”は一応カードを置いて、

視覚的にも見えるようにしたが、

冠詞もsも私は『正しい文・自然な文』をいうように心がけたが、

子どもたちはS+V+Oの順番にできることが目標。

3回目の『もう1回!!』のリクエストは却下!

 

『明日またやろうね』でこの日は終了した。

1回ポッキリではなく、ちょっとずづアレンジしながら、

継続して楽しめたらいいな〜〜〜と。

 

これは、あくまでも我が家のマイホームスタイル。

お子さんの年齢・理解度・英語歴・興味によって、

我が子にピッタリのものを提供できるのが、ママの特権!!

是非是非、我が家で盛り上がり、

お子さんにヒットする方法、考えてみてください。

ママのアイディア力次第!!

次は、

修飾語➕主語➕自動詞 もやってみたいな!!

親子で笑って、免疫力UP!! コロナになんか負けないぞ!!

私: えっ、”I spin お母さん、mama

” だって!!

『え、自分が自分を回す!? こんな感じ???』

 

” Hana (娘の名前)drinks glasses.”

『えっ、ハナがメガネ飲むの〜〜〜!!こう????』

思いがけずできた、おもしろセンテンスを

体で表現!!!

子どもたちの中から出てきた、自然な反応がまさに

英語の意味を体感する

ってことだと思っています。

 

5歳・9歳・40+歳が

一緒に大笑いできたひととき。

 

大笑いして

免疫力上げて、

コロナなんで吹き飛ばそう!!!

 

オマケ

今回使った動詞カードは、こちらです。

Follow me!

google.com, pub-7121644686194139, DIRECT, f08c47fec0942fa0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です