【ひたすら上をむいて登る】娘に学ぶこと

3連休、みなさんいかがお過ごしでしたか。

 

折角の11月の3連休、気候もお天気もいいこの時期、どっかにお出かけしたい!!!と目的もはっきり定めずに出発した半ミステリーツアー。

1年半、ご無沙汰している空港がなんとなく恋しく、

着いた先は

イオンモール常滑

好奇心いっぱいの森 『ワンダーフォーレスト きゅりお』

http://www.wonder-sky.jp

 

ここで、『ロッククライミング』に挑戦!!!

小3のSOTAは多分できるだろうなあと思いつつ、

5歳、年中のHANAも

『はなも〜〜〜!!』

 

1時間の順番待ちの末、いよいよ集合時間・・・というところで

『HANA,やっぱりやめとく・・・』

 

『え〜〜〜!!!』

『もうお金払っちゃったし・・』という言葉をこらえ、

『大丈夫!!!とりあえず、1段でもできるところだけ、やってみればいいよ。

You can do it!!

と送り出しました。

 

スイスイスイ〜〜〜と軽快に登っていくお兄さんの影響は大きい!!!

恐々とそれでも一歩一歩登り始めました。。。

『上』しか見ないこの力は大きい!!!

 

一回も『下=来た道』を振り返ることなく、

ひたすら、上を向き

がむしゃらに一歩一歩

歩みを進めていく。

 

下で声援を送りながらも、

娘に何かとっても大切なことを教えてもらっている気分でした。

 

結局、執念で、最後の1つまでは惜しくも手が届きませんでしたが、90%達成!!!

幼稚園年中児にしては、あっぱれ!!!だと思います。

 

I can do it!!!

 

と常に自分に言い聞かせて進む力は見事です!!!

NOT  をとったら『可能』になる

 

『怖かったけど、がんばったら登れて・・・嬉しかった!!』

無事生還した娘の感想でした。

Follow me!

google.com, pub-7121644686194139, DIRECT, f08c47fec0942fa0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です