日本の子ども『幸福度38カ国中20位』という調査から見えることは・・・。

海外での生活・子育て経験のあるママ直伝!!

1日10分

『正しい』より『楽しい』親子の会話

世界標準の会話力を持つ子供を育てる

アットホーム留学ティーチャー

Saoriです。

日本の子どもの『幸福度』38か国中20位

ユニセフ(国連児童基金)は今月、

世界各地の国々の子どもたちの『幸福度』を調べた報告書を発表しました。

(画像はユニセフのHPからお借りしています)

 

日本は『身体的健康』で1位になる一方、

『精神的幸福度』では38か国中37位、

『スキル』は27位でした。

参照:https://www.unicef.or.jp/news/2020/0196.html

この結果を見てどう思いますか?

 

『身体的健康』:1位

これは子どもの死亡率や

過体重・肥満の子どもと若者の割合から来るもので、

医療の発達や生活習慣の意識の高さが伺える、

これが世界1位とは、

もっともっと日本が自信を持って

胸を張っていいことろじゃないでしょうか。

 

『スキル』:27位

これは学習到達度調査(PISA)から見える

基礎学力の習熟度では日本はトップクラス。

それにもかかわらず、

「すぐに友達ができる」と答えた子どもたちの割合は、69%、

下から2番目。

ソーシャルスキルの低さが伺えます。

 

『精神的幸福度』:37位

最も気になるのは『精神的幸福度』

37位というのはブービー賞、下から2番目です。

「生活満足度」

15歳の子どもが自分自身の生活について

満足しているかどうかを0〜10の数値で答えたもの。

「生活満足度が高い」とされる”5”以上と答えたのは

1位のオランダが90%に対して、

日本は62%とでています。

また日本の「自殺率」が高いこともショッキングなデータです。

 

 

この調査から見えること

子どもたちが

【私は幸せ!!生きててよかった!!】

と思えるのは、

やはり安心した、

心落ち着く家庭があるかということではないでしょうか。

 

あなたはあなたのままでいいよ

どんなあなたでも大好きだよ

生まれてきてくれてありがとう

 

こんなメッセージを日頃から子どもたちにちゃんと伝えられているか

自分に自信を持ち、積極的に外の世界に自分らしさを発揮できるか

 

【親子の豊かな会話】を通して

もっともっとこういう子どもたちの気持ち、

育てていかなければなあと思えた記事でした。

 

この調査でトップをいくのが

オランダ・デンマーク、ノルウェー

 

これらの国の

子育て論

親の関わり方

教育方針

 

『世界標準の親子の会話力』を学ぶ上で

ヒントになることがたくさんあるのではと考えています。

Follow me!

google.com, pub-7121644686194139, DIRECT, f08c47fec0942fa0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です