バイリンガールのChikaさんが伝える『英語を教えて感じた大事なポイント』にいたく共感!!

海外での生活・子育て経験のあるママ直伝!!

1日10分

『正しい』より『楽しい』親子の会話

世界標準の会話力を持つ子供を育てる

アットホーム留学ティーチャー

Saoriです。

英語の楽しさ、伝えたい

You TuberのバイリンガールChikaさんの動画が好きで、結構よくみています。

先日、初めて(?)一人娘のぷりんちゃんが登場して、

『英語で楽しくパンプキン遊び』

動画はこちら⇩⇩⇩

内容自体ももちろん楽しかったのですが、

それより、愛娘ぷりんちゃんの

言語発達の具合が興味深いなあ〜〜〜と見ていたところ・・・

さすが!!

 

すぐ、その数日後に

『子どもに英語を教えて感じたいくつかの大切なポイント』

という動画が配信され、

なるほど〜〜〜、

私が日頃感じていたことをとても上手にまとめられていたので、

簡単にシェアさせていただきますね。

 

子どもの日本語・英語スイッチは自然に切り替わる。

早い時期に両方の言語を使うと、

子どもが混乱しない???

 

いえいえ、子どもたちの脳はもっともっと高機能です。

自然に2つ、

いやそれ以上の言語を分類していくので、

英語を小さいうちから聞かせたことで、

日本語の習得が遅れる、ということは決してありません。

むしろ、いい刺激になり、加速するとすら思っています。

 

【子どもが言語を習得する4つの段階】

①発見する

見たり、聞いたりしながら、

自分の気になること、知りたいことを発見していく。

疑問に思ったことはなんでも質問してみる。

『なにこれ?』

『だれ?』

『どこいくの???』

こんな中から自分の興味のある言葉や文を探していく。

 

②いってみる

リピートしまくることを楽しめるのが子どもの才能!!

とりあえず、聴いたままの音を、真似していってみる。

うまくいえなくても気にしない!!

発音が多少間違っていても、

うまくいえなくても、決して否定せず、

ママが何回も繰り返し、

いい返していくと、

子どもも一生懸命繰り返し、

リピートして発音すること、

声にだし、音を真似する事自体を楽しんでいく段階。

 

③慣れる

何度も気に入ったフレーズを口にしまくる!!

自然に口から飛び出てくるまで、

繰り返し音を楽しむように言いまくる。

うまく言えるようになったことが嬉しい段階。

 

④覚える

自分の世界にその言葉を取り入れてみる。

『Aha!!』体験をいっぱい持てるように!!

いろんな行動と言葉をつながると、長期記憶に残っていく。

ふさわしい状況で、上手に使えるようになってくる段階

こうやって、子どもたちは言語習得をしていくのです。

母語の日本語を習得する過程と一緒ですね。

 

その他、

5W1Hを含めた質問を楽しんだり、

子どもの興味に寄り添ったことから、英語に親しんでいく方が楽しいし、学ぶ意欲も出てくる・・・というポイントも

アットホーム留学の考え方とピッタリ!!

と思い、嬉しくて、思わず、何回もリピート再生してしまいました。

 

この動画はこちらから・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インスタも頑張ってUPしています。

こちらも見てね!!

https://www.instagram.com/saosao.saito/?igshid=1i03j40zuno97

Follow me!

google.com, pub-7121644686194139, DIRECT, f08c47fec0942fa0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です