18年前の教え子から、思いがけないプレゼント 幼児期の記憶って・・・

18年前、私は公立保育園で保育士をしていました。

その時の様子はマイストーリー、

こちらから・・・。

アットホーム留学ティーチャーさおり誕生ストーリー⑤ 〜私と英語の関係〜 ー初就職ー

 

その時の教え子から突然

『Stayhome中に部屋を掃除していたら、

保育園の時の思い出がたくさん出てきて、

先生のこと、思い出しました・・・。

というお手紙をいただきました。

 

今の時代、滅多にもらうことのない

直筆の封筒・便箋で。

 

その後何度か、やりとりし、

昨日、卒園アルバムの写真を送ってくれました。

 

なつかし〜〜〜。

 

『先生、覚えている子、いますか??』

 

もちろん、全員のこと、覚えていますよ〜〜!!!

(記憶の強い・弱いはあるにしても・・・)


そして、自分の娘が

当時のこの子たちと同じ年齢となりました。

そして、当時の私の年齢に、

今、彼女たちがなっています。


私の心の中では当時のまま……。


みんな大きくなったんだろうな。
みんなそれぞれどんな人生を歩んでいるのでしょうか・・・。

 

和太鼓でヨーロッパ遠征したこと。

オーストラリア旅行にいって、衝撃を受けたこと。

ロシア人の男の子に、惚れ、本気でロシア語を学んでいたとこ、

 K-POPが大好きで、今も少しずつ韓国を勉強していること。

そんな話をたくさんしてくれました。

 

いい時期だなあ〜〜〜。

私も、当時、この保育士の仕事、存分にやりがいを感じ楽しんでいたけれど、

心の片隅で、ずっと違う野望、考えていなた〜〜〜と。

 

そして、あたらめて、

18年もたっても、

本人の心の中に残っている

幼児期の記憶。

 

保育者、教育者、子どもの成長に関わる仕事をしている立場として、

あたらめて、存在感の大切さ、

責任の大きさを感じたのでした。

Follow me!

google.com, pub-7121644686194139, DIRECT, f08c47fec0942fa0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です