世界的ガーデナーの言葉から学んだこと 

普段、ウチでは滅多にゆっくりTVを見ることがない私ですが、

車の中ではよくeテレがついています。(安全運転、心がけなきゃね!!)


たまたま出会った初めての番組で、

耳にした言葉がとっても印象的だったので、今日はその紹介です。

 

「植物の好みを知り正しい場所にさえ植えたら放っておいても育つのよ。」

 

【ターシャの森】
https://www.nhk.jp/p/ts/YLPVYYMQJ2/

↑↑↑これは静止画です。

興味がある人は各自ログインしてください。

 

世界中のガーデナーを魅了するターシャ・テューダー。


残念ながらターシャはすでにこの世を去っていますが、

「地上の楽園」とよばれるターシャの森は今、受け継がれ、

ひ孫姉妹がすくすくと育っている。

自然と寄り添い小さな幸せを見つける、毎日。

自然が多くを教えてくれるというコンセプトの番組のようです。

 

『phがぴったりあった土、その植物に適した日当たり、水はけの土。その植物にあった環境さえ与えたら、あとはその植物が自然に自らの力で成長していくものなのです』


これって、子育てにもピッタリ当てはまることなのではないかな〜〜〜と

きれいな映像と共に、私の脳裏にバキューーーンと焼きつきました。

 

そんな折、SNSを見て、衝動的にお出かけ!!

コロナ禍、大々的に宣伝はできないけれど、
 
何とかアイディアをしぼって、お客さんを楽しませたい…
 
そんな心意気を感じました。
 
お寺なのに、このあそび心がいいなあ〜〜〜と。
 
 
土のpHによって見事に色をかえていくアジサイ。
 
では、このアジサイは与えたれた環境で最大限、自分の魅力をはっきしようとしている!?
 
お花はきれいで、好きだけど、
どうしても枯らしてしまう私。
 
買った時は『過干渉』
以後、すぐ存在を忘れて『無関心』
これではやっぱり花は育たないね。
 
 
子どもにも、私自身にも『適切な環境』
これは永遠のテーマです。
 

 

Follow me!

google.com, pub-7121644686194139, DIRECT, f08c47fec0942fa0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA