突如現れた”カマキリ”くんをネタに、親子でどれだけ会話ができますか?

海外での生活・子育て経験のあるママ直伝!!

1日10分

『正しい』より『楽しい』親子の会話

世界標準の会話力を持つ子供を育てる

アットホーム留学ティーチャー

Saoriです。

 

水遊びの延長で

Sink  or  Float

”浮く” か”しずむか”の実験をしていた時のこと・・・

 

きゅうりのはっぱに思いがけなく
くっついていたカマキリくん。


そのまま水に浮かべたら
葉っぱのボートになりました。

 

カマキリも葉っぱもFloatだあ!!!

ところで・・・

 

カマキリって泳げるのかなあ?
Can a praying mantis swim?

 

目はどれ?
口は?
あれ、じゃあ耳はどこ???

Where is(are)  his  eyes/mouth/ears???

子どもたちに理解できるぐらいの英語を混ぜて、

いろいろ質問してみます。 

 

耳がなかったら
どうやって音聞くの???

 

足は何本?
これは、手?足???

 

カマキリは何を食べるんだろう??

 

じっくり観察してみると、
いっぱいいっぱいいろんなハテナ
でてきますね。

 

これこそ

親子の会話英語の教材となり、

子どもたちの観察力・思考力・好奇心を育てる

絶好の機会でした。

 

いろいろちょっかいだしながら、

カマキリの研究をしていたら、

逃げ出そうとした・・・。

つかまえようとしたら

OUCH!!!

 

カマキリにはさまれる(?)と本当に痛い!!

 

I made him angry!!!

He doesn’t look happy….

(カマキリ怒らせちゃった!!

カマキリ、幸せじゃないね)


子どもたちとの会話がたまらなく楽しい❣️

それにしても、
カマキリって、かっこいいなあ。

He’s very cool!!

coolって ”冷たい”っていう意味だけでなく、

”かっこいい”っていう意味もあるんだね。

 

”使える英語”は使いながら身につけていく

これがアットホーム留学流です。

Follow me!

google.com, pub-7121644686194139, DIRECT, f08c47fec0942fa0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です