アットホーム留学ティーチャー さおり  誕生ストーリー⑨ 〜私と英語の関係〜  ーワーキングホリデー Part4 ー

シドニー滞在も気がつけば8ヶ月越え。

アンジェラと 1

当初の予定では、

シドニー・メルボルン・パースと

3都市に4ヶ月ぐらいづつ住んでみたい〜〜〜、

と楽天的に考えていましたが、

やっぱり生活の基盤を作るのには時間がかかりました。

ホストファミリー・シェアメイト・その友だちや知り合い、日本人・外国人の友だち、

たくさんのつながりがようやくできてきたシドニー、

ピクニック シドニー

お店も・バスや電車のルートもようやくよくわかってきたシドニー、

このまま最後まで、ワーホリの期間全てを、

大好きなシドニーで過ごす、

という選択肢もありましたが、

やっぱり私は欲深い!!!

オーストラリア 国旗

オーストラリアはまだまだひろいぞ〜〜〜!!!!

 

でも、やっぱり・・・

せっかくだから・・・・

とシドニーを離れ、西に向かうことにしました。

 

日本人は絶対パース(Perth)が好きになる!!!

という言葉を幾度となく聞いていたので、

是非とも、一度はPerthに住んでみたい。

タイムリミットは3ヶ月!!!

 

もう一つのあこがれの都市、メルボルンは

涙をのんで、

友だちを訪ねながら、さくっと2週間ほどの滞在。

コアラと私

【陸の孤島】とよばれるパースで

ワーホリのラストスパート3ヶ月を過ごすこととなりました。

 

ここでも、また、運良くステイ先を見つけ、

身体に障害のある方のお世話を少し手伝うという条件で、

部屋と食事を提供してもらいました。

 

そもそもワーホリに来たのは

海外で生活する経験をしたかった から。

語学目的ではなかったのですが、

ビザが切れるのが見えてきたこの頃、ようやく

もっともっと

自由に自分の思いや気持ちを英語で伝えたい

もっともっと

読む・書く・話す・聞くの4技能を体系的に学びたい!!!

 

気がついたら、あれほど文句をいっていた

語学学校の門をもう一度たたいていました。

語学学校

入ったクラスはIELTS準備クラス。

いわゆる、大学入学のために必要な英語力をつけるためのクラスです。

自分が必要だ と思った時の学ぶ力はすごいですよ。

また、そこで出会った先生がまた素晴らしい方でした。

誰に習うか というのも

物事の上達にとっても重要な要素であることを身をもって感じました。

 

この調子で1年勉強していたら・・・・

私もオーストラリアの大学に入れた!!!

オージーの仲間たち

でも、残念!!!それはあくまで仮定形でした・・・・・。

 

学ぶ楽しみのみ知り、 

Time’s Up!!!

 

英語力に関して言えば、

聞く方は専門的な会話やニュースでなければだいたい問題なくなってきましたが、

スピーキング力は???

ようやく1年ここで過ごし、

幼児レベルというところでした。。。。

 

語学力はさておき、

オーストラリアの1年で得た、

【経験値】【生き抜く力】

はかなり磨かれました。

 

人的・物的環境には

いくら感謝しても感謝し足りないぐらい恵まれました。

 

『やってみたい!!』

って思ったことは、とりあえず口にだし、誰かに伝えてみる。

そうすると、不思議と

誰かがその想いを叶えてくれたり、

チャンスが回ってくる。

 

だれかが与えてくれる行為は、

素直にありがたく受け取って行動してみると・・・

不思議とまた、

更なるチャンスを与えてもらえる

 

やりたいと思ったら、

まずできるところから動き出してみる

まず少しでも動くことで、

目標にどんどん近づくことができる

 

人生においてとっても大切なことを

実体験をもっていろいろ感じられた

充実したワーホリ1年でした。

我ワーホリにくいなし!!!

アンジェラと 2

 

ビザがきれる1日前に無事出国。

めざとく、バリ島に寄り、

ココロとカラダを癒す 

という名目のもと、

もう少しだけ旅行気分を味わい

今後の自分の人生を考えながら

帰路につきました。

 

書き出したらとまらない・・・・・

無事ここまでたどり着いてよかった。。。

ワーホリを語るだけで何日かかるんじゃ〜〜〜!!!ですよね。

 

最後までお付き合い、ありがとうございました。

明日からはその後、

日本でインターナショナルスクールに就職するお話です。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です