たかがドア、されどドア   ードアに対する考察3時間ー

親子の会話から英語力をのばす

アットホーム留学の

アイディア力の小学生イベント、

昨日の記事の続編です。

 

小学生がマキ先生とアイディア力を存分に出し合っている間

ママたちは・・・。

 

過干渉ママから卒業!

1日たった10分の親子英会話で

本音が言える子どもたちを育む程よい距離感

アットホーム留学ティーチャー

さおり です

 

私も一受講生として参加。

 

本日のママたちへのミッションは

『ドア、

たくさん探してきてください!!』

そして、そのドアに秘められた、

つくり手側の思い

使う人の立場

なぜそこにあるのか、

そこに設置された目的は?

などなど

その裏にあるストーリーを考える。

 

ドア???

そもそもこういう

Push & Pull   ってあるドア、なんて呼ぶ?

 

「引き戸」っていうのはまた、別のものだよね。

 

ドアと一言でいっても

開き方だけでも様々。

 

ここのドアは、

どうしてこういうドアが取り付けられたかのか

という理由を考える。

 

下の娘HANAも一緒に

横浜の街のドア探しに出発です。

Team A の気づき・考察

⭐︎自動ドア V.S.  セキュリティー付きのドア

いざ気にしてみると、街はドアだらけです。

 

その中で、前を通るだけで開いてしまうような

コンビニ等の自動ドアもあれば

 

マンションの入り口のような

暗証番号をいれないと開かないような

セキュリティー付きのドアもある。

 

この違いは・・・

Welcomeされているかどうか

なのではないか

また、自動ドアでも、タッチして初めて開く自動ドアは

すごい発明だなあと改めて実感。

 

 

⭐︎公衆電話のドア

出くわしたのはまさかのこれ!!

(ドラえもんの)

『もしもボックスだあ!!!』

と子どもたち大興奮。

 

公衆電話自体を知らない子たち

そもそも、コードのついた電話すら知らないかもしれない世代

 

改めてみてみると、

このドア、とてもよくできています。

 

ドアの前にりっぱな街路樹

いかに省スペースで開く仕組みになっているか

これも大発明だと感動!!!

 

また、ボックスを設置するとき、

どういう向きに置くか

道のどちら側が入り口となるように置くか

というのも

とても大きな問題だと気付きました。

 

自宅を新築されるとき、

ドアの設計ってとても悩むんじゃないかな〜〜〜〜

 

 

⭐︎回転ドアを探そう!!!

『回転ドアないかな〜〜〜』

 

忘れかけていたけど、

インドでは、

ショッピングモール(大型商業施設)の入り口は

ほとんど回転ドアでした。

そして、その先には必ず

一人一人荷物をX線に通して

セキュリティーチェック。

そして、ボディーチェックも。

 

ここを安全に、一人一人確実に

チェックするために

その前にあるひとりずつしかはいれない

回転ドアは

重要な意味をもっていたのだなあ〜〜〜。

 

また、キンキンに冷えたモールの中の冷気を

40℃超えの外気に逃がさないための知恵も

回転ドアという形が実現したのではないかなあと。

 

しかし、この回転ドア

やはり事故が多かったのか、

日本ではめっきり少なくなったね〜〜〜と。

 

ここでも見つかりませんでした。

 

でもそのかわりに

円形二重自動ドア!!!

回転ドアのデザイン性を保ち

冷暖房の空調の維持

そして、安全性!!!

 

さすが日本!!!と感心してしまいました。

 

『わ〜〜〜!!!』

とモダンな最新式のドアに飛び込んで行った娘

でも、歩くタイミングが早いのか、

二重ドア、両方開いてしまいました・・・。

たかがドア、されどドア

私たちのグループはこのような考察に行き着いたのですが、

他のグループのプレゼンを聞いてみると・・・

 

*子ども目線にたってドア見てみると、

どのようにみえるだろうか。

《注意マーク》に注目してみると・・・

 

*そもそも、ドアの定義って何???

ゲートとふすまと何が違う???

ドアにはいろんなサインがはってあるが、

それぞれでユニバーサルデザインはない

 

こんなに見てきた視点が違う!!!

 

 

最後にマキ先生

『みなさん、

では、そのドアの前に大抵ある

フロアーマットはどうでしたか???

 

フロアーマット???

おそらく、たくさんあっただだろうに・・・

一つも覚えていない!!!

 

ドアしか見てきてない私・・・

 

【意識する】ってこういうことなのですね。

 

 

親子の会話のネタはどこにでも転がっている。

そこに、ちょっと英語を添えるだけで、

表現力がこんなに豊かになる。

 

 

意識してみると、こんなにも日常に

おもしろい切り口がたくさん転がっている・・・

 

 

チコちゃんじゃないけれど、

『ぼ〜〜〜と生きてんじゃないよ!!』

っていうことに気づかせてもらえた

貴重な時間でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ただ単に【英語を学ぶ】のではなく、

こうやって

考える力を親子で育むのが

アットホーム留学です。

気になる方は、

まずはこちらから・・・・。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です