マキ先生マジック炸裂 アイディア力セミナー for 小学生

アットホーム留学の最高峰

アイディア力セミナーのあとには

子どもたちも参加できるアイディア力イベントがあります。

 

小3 SOTA 初参加!!!

 

 

自分から『行く!!!』

といったものの、

知らない子ばかり。

 

私と娘HANAとは離れて、一人で3時間・・・

という状況に

いざ始まってみると、『いや!!』とは言わないものの

珍しく緊張気味なのが手に取るように・・・。

 

『頭が痛い・・・』と

生まれて初めて発するような言葉まで・・・。

 

かなり後ろ向きだった彼が

3時間後には・・・

アイディア力 小学生

マキ先生の後ろで

一番目立ってる!!!

とっても充実した時間だったことは

一目瞭然でした。

さて、この小学生たちがやったことは

①フォニックスの音探し

 

②すごろく作り

これらのミッション、ひとりでやった方が絶対ラク!!

これをわざわざチームプレイにするところがミソ!!!

 

初対面の子どもだちが、

どのように話し合い・相談して

協力していったのか・・・

 

マキ先生がどういう言葉かけをされていたのか・・・

親としても、ティーチャーとしても、

とっても気になるところです。

そしてもう一つは

③◯◯◯を作ろう!!!

 

こちらは個人プレー。

 

しかし、出来上がりはこんなに

バラエティー豊か。

これが全員同じ『お題』とは・・・。

 

小さい頃から、集中すると唇がとんがる子でした。。。

 

さて、なぜ子どもたちが

3時間後、こんなに充実した顔になったのでしょうか。

 

ここは

『否定されない空間』

なのです。

子どもたちの【考え】や【アイディア】が

けっして否定されない場所。

 

奇想天外なアイディアも

突拍子もないアイディアにも

ありがちなアイディアも

 

すべて

That’s great!!!

Wonderful idea!!!

Fantastic!!!

と受け入れてもらえる場。

 

だからこそ、子どもたちは

自由に表現でき

思いを伝え

創造できる。

 

そんな満足感・充実感が子どもたちの表情から

あふれでていました。

 

実際、マキ先生がひとりひとりに

どんな声かけをしていたかは

大変気になるところですが・・・。

 

最後のプレゼンまでがんばりました。

プレゼンテーター、

BOYs チームは最上級生。

堂々として、りっぱなものでした。

 

これもこれからの時代を生きることもだち、

是非とも身につけていってほしいスキルのひとつ。

小さい頃から、どんどん経験していってほしいことです。

 

SOTAも『紙を持つ係』

という大役をりっぱにこなしました(笑)

ではでは、その間

ママたちは何をしていたのでしょうか・・・。

長くなってしまったので、

この続きは

また明日!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんなアットホーム留学に興味がある方、

是非1度、お話ししてみましょう!!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です